ご挨拶

カウンセリングをご利用いただける場所は既に学校や病院などの機関に存在します。学校にはスクールカウンセラーが配置され、かなりの年月が経ちました。

また精神科などの医療機関には長く、心理カウンセラーを配置してきた歴史もあります。近年、身体科(体の病気を治療する科)においても、心理カウンセラーが配置されている医療機関が増えてきています。

精神科や身体科にて、治療中の方や学校関係のことでお悩みの方に心理カウンセリングの場をご利用いただける機会は確実に増えてきているわけです。

当オフィスは医療機関でもなければ、教育関係機関でもありません。専ら心理カウンセリングを行うことを考えております。

これまで様々な現場でカウンセリングを行ってきた経験上、カウンセリングは医療や教育現場での限定された行為ではなく、幅広くご利用いただけることなのではないかと考えるようになりました。

人間の営みの中で必要とされることのある行為であって、社会生活や家庭生活などの中にも十分カウンセリングを使っていただくことが、有益なことに繋がる可能性を感じたのです。

私自身、これまで中心的に活動してきた分野を専門分野として挙げることは可能かもしれませんが、私の場合は〇〇の分野専門という表現はどこか違和感を感じています。(これまでの経験分野はプロフィールに記しました)

カウンセラーとしての一つの在り方

時に、「こんなことで相談に来ていいものか迷ったのですが・・・」との語りからカウンセリングがはじまることもあるでしょう。

もしかしたら、世間からはあまり重要視されない話題なのかもしれません。あるいは、実際に世間からは大事にされてこなかった経験をお持ちかも知れません。

しかし、料金をお支払いになって、または遠方からはるばると時間をかけてまでカウンセリングにお越しになるということからも、そのことは、その方にとって非常に意味のある話なのではないでしょうか。

そういうお話はその人にとって意味あることとして、大事にお伺いしたくなるわけです。

私には、ここに心理臨床オフィスやカウンセラーの役目が在るように思えてきます。もちろんこれは、多くのカウンセラーがいる中での、一つの考え方であると思いますが、私はこれまでのカウンセリングを通して、このような語りを大事にして人とお会いしていくことに、カウンセラーとしての一つの在り方を感じています。

心理臨床オフィスまつだTOPページへ戻る